早漏治療の値段は保険適用されれば安い

早漏治療を行うための値段について

早漏には過敏性や包茎性のように機能的な原因によるものと、セックスへの恐怖心や身体的なコンプレックスのような心理的な原因によるものが存在します。
具体的な定義は存在しませんが一般的に射精までの時間が極端に短い場合を早漏と呼びます。
早漏治療の代表的な方法には内服薬の投与や薬剤の注入、包茎手術や亀頭冠焼灼法がありそれぞれ値段が異なります。
基本的に早漏治療には保険が使えずクリニックによって異なる値段が設定されています。
内服薬はセックスの1時間から3時間ほど前に服用すると射精までの時間を3倍から4倍に延長でき、女性の満足度も約2倍になります。
継続的に使用するほど早漏治療の効果が高まりますが、値段は3錠あたり1万円ほどが相場となっています。
表皮と深部神経の間に薬剤を注入する場合の値段は8万円から10万円が相場とされます。
包茎手術や亀頭冠焼灼法で早漏治療を行う場合の値段は10万円から15万円ほどが相場です。

保険を使って早漏治療を受けるには

薬剤を注入して膜を形成する方法で早漏治療を行うと、過剰な刺激が軽減されて射精までの時間を延長できます。
包茎手術で早漏治療を行うには包皮環状切除法や包皮小帯切除法などの方法が存在します。
これらの方法で手術を行い亀頭が常に露出した状態になれば、刺激に強くなって射精までの時間が長くなります。
包皮環状切除法は余分な皮を切る方法で、包皮小帯切除法は性感帯である裏スジをピンポイントで取り除く方法です。
亀頭冠焼灼法はセックスの際に強い刺激を受ける亀頭冠を高周波メスで焼灼します。
上皮の硬さや厚みが増してペニスの感覚が鈍くなるため効果的に早漏を改善できます。

基本的に早漏治療は保険を使って行うことができませんが、真性包茎やカントン包茎の場合には保険を使用できます。
ただし亀頭直下埋没法のように審美性のある方法で包茎手術を受ける場合には、保険が適用されないので注意が必要しなければなりません。
包皮環状切除法で真性包茎やカントン包茎を治療する場合には保険が適用されるため、安い費用で早漏治療が可能です。

まとめ

早漏治療の代表的な方法には内服薬の投与や薬剤の注入、包茎手術や亀頭冠焼灼法などがあります。
基本的に保険が適用されずクリニックによって異なる値段が設定されています。
早漏治療を目的とする包茎手術には包皮環状切除法や包皮小帯切除法などの方法があります。
真性包茎やカントン包茎の人が包皮環状切除法のように審美性を目的としない方法で包茎手術を受ける場合には、保険が適用されるため費用を安く抑えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。