早漏治療の値段とそれ以外の比較ポイント

早漏治療は治療方法によって値段が違う

早漏治療の値段は治療方法によって異なり、例えば治療薬の処方だと1錠あたりの値段は2,000円から3,000円が目安です。
この薬は性行為の前に服用することで、射精に至る時間を長くして遅らせる働きを持つものです。
その為、根本治療を目指して服用する薬ではなく、対症療法的に使用する薬となっています。
一方で手術による早漏治療の値段は、最低でも50,000円台からとなります。
早漏治療は治療薬も手術も保険適用のない自由診療なので、値段がクリニックごとに違います。
つまり、値段はあくまでも目安ですから、早漏治療を検討するなら複数のクリニックをリストアップして、値段を比較する必要があります。
早漏治療の手術は種類がありますが、大抵は50,000円台から100,000円の間に収まります。
中には100,000円を超える高度な手術も存在するので、値段だけでなく治療法の詳細についても比較して検討すべきです。

早漏治療を検討する上で比較すべきポイント

早漏治療はついつい値段で比べてしまいがちですが、値段以外にも比較が必要なポイントはいくつもあります。
それは治療方法の詳細な内容だったり、治療の流れや治療に要する所要時間などです。
手術だといわゆるダウンタイムが発生するので、術後どれくらいで帰ることができるかも要確認です。
他にも傷跡は残るのか、術後に痛むことはあるかなども比較して確認したいところです。
クリニックによって取り扱いのある早漏治療は異なりますし、麻酔1つ取っても処方が違うことがあります。
更に、日帰りは可能かどうか、術後のサポート体制についても比較検討ポイントとなります。
また手術に合わせて他の治療も受けたいのであれば、同時に手術が受けられるかどうかも、クリニックごとの比較をすべきです。
早漏治療手術の多くは、感じる刺激を弱めたり神経を鈍らせる治療が中心ですが、治療法によって影響を受ける部位が違ってきます。
つまり選択する早漏治療手術により、術後に感覚が変化する部位が存在することを意味するので、そこも比較して確認することが必要です。

まとめ

早漏治療には治療に要する値段とそれ以外の比較ポイントがあり、どちらも大切だといえます。
値段は値段で薬と手術で違いますし、手術も方法が違えば値段も変わってきます。
値段以外には詳しい治療方法の違いや治療の流れ、所要時間に日帰りの可否、傷跡や術後の痛みなどが比較のポイントに挙げられます。
加えてサポート体制や他の治療との同時治療、手術によって異なる感覚が変化する部位も比較が欠かせないポイントです。
早漏治療においてはクリニック同士の比較も不可欠なので、早漏治療は比較ポイントが数多くあるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。